ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

良きかな、思春期

c0203277_10135465.jpg

14歳の恋

(年3回発行の「楽園」連載中)
(水谷フーカ・白泉社・750円)


<あらすじ>
周りから、「大人っぽい」「女らしい」と言われ続ける田中彼方(かなた)と、「あか抜けている」「遊んでいそう」と言われ続ける吉川和樹。互いの評価に合わせるように、二人はその役を演じ続ける。しかし、実は二人は小学生からの仲良しで、そんな周りの目から悩みながらも毎日を演じてきた。でも、本当は自分たちが「大人」になっていることに気付かずに、「子供」っぽさを演じているだけということに気付く。それを知った瞬間、二人の恋が始まる。大人と子供、男と女、恋と学校。14歳にしか体験できない夏がそこにはあります。

読後、「あ~~いい」と絶対言いたくなる作品です。互いの目線があった時のドキドキ、席替えのドキドキ、この広い世界で、短い間でも自分たちだけの時間を過ごせるドキドキ。こんなことができる14歳を心の奥底の葛藤とともによく描かれています。今まで読んだ「キュン」「ドキドキ」とかのマンガよりも、もっともっと日常の何気ないことが嬉しかったり、楽しかったり、ドキドキしたりとそんなところがすごく伝わってきます。表情で見せる難しさがよくわかっているだけに、セリフが少ないこと、表情や心の声がもっと前に出て、本当にそこにある14歳が出ています。

作者の水谷フーカは前作「GAME OVER」で大人の女性と年下男性との恋を描き、大人の恋であるのに、普段の何気なさにドキドキするという恋の素晴らしさを描いていました。そして、細かなところなのですが、すごいこだわりがあるのかな?と思うシーンがあちらこちらこちらあちらに散りばめられているのが、この作者の特徴です。実際会って聞いてみたいぐらいです。

「14歳」「夏」「学校」「恋」。今まで何度も何度も描かれているシチュエーションですが、まだこう描けますかと感心してしまいます。本当の14歳はマンガで描ききれないぐらいの「お話」があるということなのですかね。
by manga_do | 2011-07-07 10:53 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< リアルボンバーマンって 素早い対応 >>