ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

実録

c0203277_1730594.jpg

裁判長!ぼくの弟 懲役4年でどうですか

(松橋犬輔・北尾トロ・徳間書店・650円)


<あらすじ>
ドラマにもなった「裁判長!ここは懲役4年でどうですか」のコミック版を手掛ける、漫画家松橋犬輔の実弟が2009年9月2日に逮捕される。テレビのニュースにも取り上げられるほどの事件を起こした弟、裁判漫画を描いている兄。家族を巻き込み、世間を巻き込む280日間にも及ぶ裁判の記録です。

裁判漫画を連載中に自分の身内が逮捕される。このマンガみたいな展開でありながら、家族が故の苦悩を隠さず、さらけ出して描いた松橋犬輔の漫画は、実録とはまた違う、良い悪い全てが詰まった漫画になっています。

涙、吐露、苦悩、救済、家族。全てが至近距離で描かれていて、犯罪が家族を離れさせるといったプロパガンダ的な描き方でなく、弟に反省してほしい、母親にはあまり知ってほしくない、作者自身が漫画にする苦労と葛藤、近親者でしか味わえない世間の目など、本物がそこにはありました。淡々と描かれていますが、これを漫画にするときの伝え方は、漫画を読む人、描く人、全てに参考には大いになると思います。
by manga_do | 2011-06-27 19:21 | 1巻目にしてオモシロイ | Comments(0)
<< 吉宗の出産 対土下座 >>