ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ズボラのほうがウマイって言ってしまう

c0203277_1111755.jpg

花のスボラ飯
(久住昌之作、水沢悦子画・秋田書店・945円)


<あらすじ>
本屋で働くハナコは家がいつも散らかっていて、なおかつズボラ。さらに夫が単身赴任でハナコ一人で家にいるとあっては、ズボラも加速度的に進む。そんなハナコの一人が故のズボラ飯の毎日を覗く。

ズボラも徹底すれば本当に誰もが共感するおいしい「ごはん」に変わります。誰しも(人によってはしょっちゅう)一度はした事のある「ズボラ飯」。主人公ハナコのズボラでありながら、「うんまい!!」へのこだわりは、漫画を読んでいて「食べてみたい」とか「おいしそう」を超えた、「私も今日、ズボラ飯し~よう」という啓発運動につながる。

明日にでも、いや今日にでも使える「ズボラレシピ」満載の本作。ポトフを作っている途中に、マギーブイヨンを入れ忘れる致命的(う~んこれも奇跡)ミスを挽回するために思いつきで入れたケチャップ・・・・。
「うんま~」
こういう奇跡によるとこや偶然の組み合わせも「ズボラ」の醍醐味かも。

皆さんも自分オリジナルの「ズボラ飯」があるはずです。私も「サッポロ一番塩ラーメン」には門外不出のズボラでありながら、「ウンマイ」作り方があるのですが・・。このズボラ飯にも「サッポロ一番塩ラーメン」が出てきました。このラーメンってオリジナル作り方だったり、ズボラをするにはもってこいの素材なのでしょうか?よく出てきますね。スープにカレー粉が入っているのでは?という記述があったのですが、同感です。あのそこそこのしつこさを持ちながらのあっさり感は何かありますよね。

原作は「孤独のグルメ」の久住昌之。先日当ブログにも掲載した「食の軍師」の方でもあります。「孤独のグルメ」と「ズボラ飯」。一見対極にある両者ですが、美味しい、うんま~を感じる喜びは共通しています。今年の「マンガ大賞」のノミネート作品ですが、是非とも受賞して欲しいですね。それぐらいの「家でじっくり読みたい」感はありますよ。
by manga_do | 2011-02-28 13:24 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< ご開帳! 「アリス」が記号化している >>