ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

読むべきか読まざるべきか、それが問題だ。

c0203277_1739126.jpg7人のシェイクスピア
①(週刊スピリッツ連載中)
(ハロルド作石・小学館・590円)


<あらすじ>
歴史上最も偉大な劇作家、ウイリアム・シェイクスピア。その華麗な人生を描いた英雄譚なのか・・?連日彼の劇場小屋には多くの人が押し寄せ、お忍びできたエリザベス女王でさえも彼の芝居に驚嘆する。当時、芝居は下劣な見世物として、一部の支配階級から蔑まされていた。大衆からは絶大な支持を受ける彼を、ある男はこう言う。「あいつこそ下衆野郎のサギ師なんだ」と。

「BECK」のハロルド作石が16世紀のイングランドに降り立った、「あの」シェイクスピアの偉大な足跡と最大の謎を描く群像劇です。
シェイクスピアといえば、「ハムレット」や「ロミオとジュリエット」など現代に至るまでも、何度も何度も演じられている作品を残したことで有名です。しかし、漫画では不思議と描かれていなかった。理由としては、その複雑なセリフの解釈や意味など、専門に研究している学者でさえ意見が分かれる題材を漫画で表現できるかという問題がまずあります。
ハロルド作石はそれらに真っ向から挑み、それにシェイクスピアの謎という部分を加味してきて、ハロルド作石ワールドに仕立ててきています。「人間」シェイクスピアの謎が暴かれます。
by manga_do | 2010-05-29 17:43 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 一番くじ、トイストーリー推参! 紫おにいさん >>