ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

意外な町おこしではないでしょうか

c0203277_18374130.jpg聖地巡礼NAVI
(飛鳥新社・1260円)


あのマンガに出てくるところはどこだろう、どこの町をモデルにしているのだろう。そんなこと考えたことあるでしょうか?私は少なくともない。しかし、漫画家の頭の中でどこかをモデルにしたり、漫画家ゆかりの地であるというのを聞けば話は別です。さらに、それが家の近所だったりしたら・・・
う~ん早速「聖地巡礼」だ
という風になる。う~ん気になる。

少し前(いや、だいぶと前か)にスラムダンクのモデルというのがロケ地、高校、登場人物に至るまで何かしらあって、その荘厳な響きに思いを馳せたものです。湘北っ、海南っ、山王っ!

あなたはどこの聖地に行ってみたいですか?この本にはあれもこれも載っています。意外にモデル地があったのかと膝を叩き割ったのが、サザエさんとあたしんち。この2ほのぼのマンガにもモデル地が存在しているとは、正直勉強不足で知りませんでした。サザエさんに至っては、「サザエさん通り」が存在しているらしく、聖地巡礼者にとってはまさに総本山とも言うべきところではないでしょうか。

アニメになって聖地が明らかに映っているというよりも、聖地のみでロケが行われている作品も多くなってきています。「けいおん」「ハルヒ」は全てのシーンが聖地と言ってもいいくらいの聖地っぷりです。しかも、すべて京都アニメーション製作。う~ん彼らのロケハンぶりには脱帽です。聖地巡礼ありきで話が進んでいるようです。聖地巡礼初心者はこの2作品がお薦めではないでしょうか。

私がこの本を読んで、
「こ、ここにモデルとなるところがあったなんて、ガクッ」
となったのは、野球マンガの大大金字塔、「キャプテン」の谷口君、もとい谷口キャプテンが夜な夜な闇練していた、あの神社が存在しているということでしょう!全国の野球小僧ども、子供も大人もあの神社で特訓して甲子園目指そうぜ。目指すところ甲子園じゃなかったけ?
by manga_do | 2010-05-09 09:07 | マンガの潮流 | Comments(0)
<< 娘と父 デビュー作であることの凄み >>