ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

矢沢あいの告白

c0203277_1512539.jpg矢沢あいの近況


それは意外なところからの記事だった。
今日発売の「女性自身」(5/4号)に「NANA矢沢あい、独占告白闘病10ヶ月、恋人の献身」
という記事が載っていました。去年の6月に「NANA」を病気による休載という衝撃の発表がされて、約10ヶ月。その後の近況や連載再開の報などのこれといったアナウンスが無い中で、記事は彼女の「今」を伝えていました。要約すると、現在「病院」に通院中で、快方に向かっているが、連載再開のめどは全く立っていないということ。
「矢沢あいを信じて待っていてほしい」という言葉が、彼女の現在のファンへの最高のメッセージと受け取ったのは私だけでしょうか。
病名などの具体的な事は記事では触れられていなかったのですが、しんどいながらも取材を受けて、メッセージを発信してくれた彼女の気持ちに胸を熱くしないものは無いと感じました。

時間を掛けてゆっくり静養してほしいと思います。ここまで突っ走ってきた彼女の凄まじさ、作品からほとばしる力を我々は知っているだけにいくらでも待てる気がしました。

睡眠時間2時間。それがいけなかったかもと述懐する彼女の作品、二人のNANAに対する気持ちは全力だったのだなと、改めて感じました。

今は本当にゆっくり休んでほしいですね。ファンはいつまでも、何年でもあなたの帰りを待てると思いますので。そうですよね、皆さん?
by manga_do | 2010-04-20 15:35 | マンガの潮流 | Comments(0)
<< ゆらり、遼、市岡慶子3人展 開... ごっちゃん最強伝説でヨロシク! >>