ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

ごっちゃん最強伝説でヨロシク!

c0203277_9405248.jpgママはテンパリスト
③(以下続刊・コーラス連載中)
(東村アキコ・集英社・780円)


言わずと知れた、銀河最強育児(どちらが育で、どちらが児かもう判別不能)エッセイマンガ。9ヶ月ぶりに新刊が出ました。実は発売されたのは少し前なのですが、私自身、このごっちゃんという御仁をどう捉えたら良いのか、どう自分の経験上のモデルに当てはめたら良いのか、このマンガを読めば読むほど困ってしまいます。各巻ごと、各話ごとに進化する、ごっちゃん行動、ごっちゃん節。そして毎回激爆笑と東村アキコとのコンビネーションと観察眼。「これは事件だ!(ウルフルズ)」の世界ですぞ(意味不明瞭)。
毎巻帯に「育児ナメてました」という文字が躍るのですが、ごっちゃんが相手なら、ナメるとかの次元を超えてしまっていると思います。ごっちゃんと一緒にいてみたい、毎日生活してるとどんなに楽しいのかしらと、母親である東村アキコには失笑のみの反応されること間違いないでしょうが。
今回もごっちゃん節が炸裂しまくりなのですが、その中でごっちゃんが母親である東村アキコのことを陰で「ブタ」と呼んでいるところは、ごっちゃんは4歳児ですよね?と聞きたくなるような発言。しかも、「おこめたべるからブタになる」という、当たってるのか間違ってるのかの微妙なところを突いてくるところは、ごっちゃん節の最たる所ではないでしょうか。
これからもごっちゃんには妖精でいてほしいという勝手きわまることを考えつつ、「もっと見ていたい」という安西先生の心境のような複雑な気持ちですね。
巻末にアシスタントのごっちゃんマンガが付いているのですが、東村アキコが描くごっちゃん像とあまり差がないのを見ると、ごっちゃん銀河最強伝説はもうすでに桃白白を超えていますよ。
by manga_do | 2010-03-28 10:16 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 矢沢あいの告白 おおイタリア、ああイタリア >>