ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

高野文子発見!!

c0203277_12343947.jpgこどものとも 年少版
2010年 2月号
(高野文子 作/絵・福音館書店・410円)


書店で働いていなければ、見つけることが困難だったであろう本を見つけてしまいました。
「こどものとも」という、年間または半年間で購読を契約する「月刊予約絵本」というカテゴリーの本があります。うちの店に入荷してきた「それ」をふと見ると、「しきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさん」というタイトルで「高野文子 作・絵」と書かれた本があるじゃないですか。タイトル見て「は?」と思うは、3つに分けちゃったと思うは、「さん」付けかよと思うはで、いろんなものが走り抜けたし電気走ったし。内容はこの御三方に夜の安眠をお願いするというお話。ですが、夜寝る前に「ムニャムニャ」ということはあっても、敷布団に安眠をお願いしたことはないだけに、彼女の安眠欲から来る願掛けなのかもしれません。他にも彼女のカラー作品というのも興味深いですし、その色遣いが絵本の手法にそっくりで、長新太の色遣いに似ていて子供の困ったや不安、安眠をよく表現できていたと思います。時折入る布団の寝かたのカットがおもしろすぎます。寝る前の子供に読み聞かせる「おはなし」より、こっちの話の方がよく寝られる気がします。不眠や寝る前の不安にお悩みの方は是非一読いただけたらと思います。
それにしても、彼女に絵本を描かせようと考えた福音館の編集の方、グッジョブっす!!熱烈なラブコールの末描いてもらうことになったと書かれていましたが、それ以上にどの編集の方かは存じ上げませんが、本当にありがとうございます。我々高野文子ファンは、彼女の寡作を嘆いたことはないです。むしろ、彼女の作品を読み返し読み返し、反芻し反芻し、1つずつの作品を長く愛することのできる人種です。その我々に頂いたこのギフトは、また何回も何回もめくられ続けて愛される作品になると思います。
最近の高野文子ですが、ちょくちょく雑誌の「コミックリュウ」という徳間書店の漫画雑誌に出ている時があります。最近も「高野文子すごろく」が付録についていましたし、そのまえも「高野文子手ぬぐい」が付録についていたりと、付録作家か?と思うときがあります。このブランドムックなど付録雑誌が売れているこのご時勢、それに乗ったのかもしれませんね。な、訳ないか。
by manga_do | 2009-12-30 13:33 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 本年もよろしくお願いいたしますぅ~ 1巻から2巻で急展開、ポン!! >>