ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

魔法なんて・・・信じます。

c0203277_1222238.jpg乱と灰色の世界
①(以下続刊・Fellows!連載中)
(入江亜季・エンターブレイン・651円)


<あらすじ>大きなサイズのランニングシューズ(ナイキのエアマックス系か?)を履くと大人の美女に変身する小学生、乱には世界のバランスを保つ役目を帯びた魔法使いの母、静がいる。そう、乱は魔法使いの卵なのです。その乱には同じく魔法使いの兄と父がいる。「単身赴任」の母がいる漆間家に久しぶりに母、静が帰ってくる。

「群青学舎」で男性以上に女性のファンを多く獲得した入江亜季の最新作です。お話のタッチと設定が、本当にすんなり入り込んできますし、作品の中でも述べられているのですが、「人が光って見えます」。家庭を基軸にした魔法使い一家は、幻想過ぎず、所帯じみてもいません。女子だけでなく、男子たちもキラキラして読んでしまいますね。
by manga_do | 2009-11-14 12:55 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< へ~んしん願望 ブンカケイ女子の目線 >>