ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

闘牛love

c0203277_19364161.jpgも~れつバンビ
①(以下続刊・週刊ヤングマガジン連載中)
(柏木ハルコ・講談社・560円)


<あらすじ>食用牛として生まれたバンビは、このまま人に食われる人生でいいのかという「自我」が目覚め、牧場から脱走を試みるが失敗。その心意気に惚れ込んだ少女、日和に闘牛として育てられることになるのだが、実はバンビは闘争心ゼロのダメ牛だった。

「いぬ」「ブラブラバンバン」の柏木ハルコがなんと、闘牛を題材にしたコミックが発売されました。柏木ハルコといえば、女性の描き方がエロ過ぎるということと、どアップの使い方が絶妙にうまいというところなのですが・・うん、今回もイイっス。弱牛バンビちゃんと熱すぎる美少女、日和とのコンビネーションが今後の展開を期待させてくれます。以前描いていた「鬼虫」というコミックとも共通する南の島でのエキゾチック感も、柏木ハルコならではという感じがして、闘牛が作者の世界に落ちていっている気がします。
by manga_do | 2009-11-09 20:35 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< ドキュメンタリー 新版?旧版?どっち? >>