ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

オールスターキャストでお送りする

c0203277_19462639.jpg萌え男子がたり
(52人の人気漫画家・ブックマン社・1260円)


萌えという言葉が浸透しだしてかなり経ちますが、皆さんそれぞれの萌えのポイントは違うわけで、なんなら十人十色が正解だと感じる今日この頃でして。みなさんはどんな萌えポイントをお持ちでしょうか?そんな萌えポイントを、なんと52個も集めたのが本書です。そして、ただの52個ではなく、当代きっての人気漫画家52人が密かに、おおっぴら、熟考の末ひねりだした各々の萌えポイントをカラーイラストつきと解説付で完全網羅ッス。しかもしかも、この面子たち、「オーシャンズ11」以来のビッグキャスティングで、よくもこんな面子集められたよねと嘆息するは必定であります。この方々、本当に「激」忙しい方ばかりなのに、よくもカラーページ1枚と1200字の解説の仕事請けたよねと感心しまくりです。これも萌えのなせる業かと思えば当たり前かとも感じます。
この方々の作風にも反映しているのかなと思いたいのですが、中には「スゴイ、こんな萌えポイント持ってるよ、この人!!」っていうのもあるんです。まずは、南国ばななの「一重まぶた男子」。これはフェチに近いのではないでしょうか。しかも、地味であればあるほどよいというオマケ付。次に河内遥の「ボコられ男子」えすとえむの「スキあり男子」。この二つはヘタレを主眼においているので、なんとなく分かるのですが、またスゴイヘタレ見つけましたねと、やはり感心しまくりです。52人の解説がまた良くて、なぜそうなのかは勿論、こういうシチュエーションで、こういう性格の子で、こういうリアクションなのよ、この子は、てな具合です。妄想が、妄想が激しすぎるんですけど、この人たち。私が個人的に好きな萌えは、中村明日美子の「非オシャレ眼鏡男子」です。そのタイトルだけでも、え?と引っかかるのですが、この方、もしかしてホンモノ?と見紛うばかりのコメントです。掻い摘んでいうと、オシャレをするな、オシャレに目覚めるな、オシャレをしてうっかり自分の魅力を引き出すな、などなど。眼鏡とオシャレを結びつけるな、そのままでいてということでしょうか。この先生、ガチの萌えポイント出しちゃったよというよりも、これこそ真の萌えなのではないでしょうか。これだけ一線級の4番打者みたいな漫画家たちが、いつもの作品には載ってない萌えを出し合う企画を本にしたブックマンは本当に
エライ!!
これだけの萌えが結集した本なのですが、すべての萌えを要約すると「男子」はスバラシイということでしょうか。男子バンザイ、萌えバンザイ、そんな先生方もっとバンザイ。
by manga_do | 2009-10-30 20:48 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 読みたい・・ この子、カワイ過ぎます。 >>