ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

あちらもこちらも大転回

c0203277_16455949.jpgガンツ
最新27巻本日発売(ヤングジャンプ連載中)
(奥 浩哉・集英社・650円)


佳境、終盤、オーラス、終い、26巻でそう感じさせた「GANTZ」です。最新刊27巻はその期待を裏切らないお話の展開と毎巻読後に感じる、どこまでお話が大きくなるの?という気持ちが益々高鳴っていく展開です。
帯に「実写映画化」とあったのを見て「無理、ホンマ、見てみたい」と思ったのは私だけではないはずです。しかも、計ちゃんを二宮和也が、加藤を松山ケンイチがとあるのみて、お金を出している人の本気を感じざる得ませんでした。内容云々より作品の実現性のほうが追いつくのかなという不安のほうがあるような気がします。バイオレンス表現とかも問題になってくるので、骨抜きの映画にはしてほしくないですね。
by manga_do | 2009-10-19 17:48 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 秋なのにヒヤっとするホラーいか... 門外不出だぞ。 >>