ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

「fellows!」という奇跡

c0203277_1329253.jpg乙嫁語り
①(以下続刊・fellows連載中)
(森薫・エンターブレイン・651円)


大ヒットマンガ「エマ」の森薫の最新作。19世紀中央アジア、20歳の美しい花嫁「アミル」は山向こうの「カルルク」の元に嫁いできました。彼は若干12歳。中央アジアの部族同士、家同士が決めた結婚でしたが、そんな大人の事情はさておき、彼らは彼らの「意思」で絆を深めていきます。弓矢を手に狩猟に出かける花嫁アミルとそんな彼女に戸惑いながら、彼女を守ることという自分を思い描きながら成長する花婿カルルク。自分の意思とは別に結婚した二人の心の通わせ方が毎話楽しみな作品です。
森薫の同地方への思い入れと描写には目を見張るものがあります。幾何学文様が多い装飾や造形も白黒とは思えない写実表現で、「シルクロード」ファンなら好きにならざる得ません。
連載雑誌の「fellows!」はエンターブレインの意欲的な雑誌で、紙質もよく、帯が付いていたりと、従来のコミック雑誌とは明らかに突破しています。重いですが(本当に重いですう~)、読み捨ての旧来の雑誌とは違うコレクション感があるので店でも並べています。本当の奇跡になるのはこれからだと思いますが、まずは連載マンガが単行本化されたのは喜ばしいことですね。
by manga_do | 2009-10-15 11:10 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< るーみっく、前進!! 乱太郎旋風再び >>