ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

名プロデューサー

c0203277_1045770.jpg さようなら、と君は手を振った
(原作木原音瀬・深井結己・蒼竜社・630円)


木原音瀬アンソロジーコミックス「ergo」からの単行本化第4弾です。高校生の夏に落ちた、誠一と啓介が10年ぶりに再会する。その時に駆け落ちの約束をしたのを後ろめたく感じながらも、また接近する2人。どこまでも無償の愛を貫く啓介とその気持ちに気づきながらも素直になれずに啓介を傷つける誠一。今回のお話はBLですが、このなかなか交わらない気持ちに、ヤキモキした経験は誰にでもあるのではないでしょうか。特に同性同士の恋ということもあり、届かない思い、環境などによって、相手を思いやる気持ちと傷つけてしまう気持ちがオモテウラのごとく同居してしまっていることがあるのかもしれませんね。そして、激しく傷つけられる方が相手を許すのではなく、それも含めて愛することの偉大さを知らされました。帯には「大人の恋愛小説」と書いていましたが、友達、親友、恋人、夫婦、一切を超えた存在を愛すことができたときに、こんな気持ちになれのではと感じました。いい話ですし、性表現だけがクローズアップされがちなジャンルですが、感激の涙以上のものが流れた気がします。
木原音瀬先生は4年ぐらい前に蒼竜社から「Holly Novels」を立ち上げ、専属作家として1レーベル1作家となって、イラストの作家を木原先生が指定して、いわゆるセルフプロデュースのような形でこのBL業界に新風を吹き込みました。第一弾「ROSE GARDEN」が出た時は正直「大丈夫かな?」と思いましたが、その後定期的に刊行していき、ヒット作も登場したことによって今では「Holly Novels」の棚がいろいろな書店さんである状態です。ヒットの秘訣はあきらめなかった(勝算があったのだと思います)ことと1から自分で作っていけたことなのではないでしょうか。このモデルケースは、よそが中々マネできることではなく、木原先生と先生の作品ならイラストを描いてもよいという人望がなければ成功しなかったかもしれません。最近はほかのレーベルの仕事が増えてきて、「Holly Novels」の作品があまり出ていない感じがしますが、現在のコミック刊行でも充分読者には満足いただけるクオリティですしね。
by manga_do | 2009-09-22 12:39 | マンガ紹介 | Comments(0)
<< 新章突入!! ブルボン小林さんです。 >>