ブログトップ | ログイン

アメ村マンガ研究所

mangamiti.exblog.jp

新之助と聞いてピンと来ず

c0203277_193195.jpg映画クレヨンしんちゃん完全コミック
嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

(臼井儀人/高田ミレイ・双葉社・560円)

映画「BALLAD 名もなき恋のうた」の原作本として一躍注目を集めたしんちゃんこと新之助君です。失礼ながら、「クレヨンしんちゃん」が基になっていることは知りませんでした。「BALLAD」の予告編を見ていて、なんと切ない話なのか、なんと悲恋なのかと思っていましたが、しんちゃんが登場するのならかなり楽しいお話になるではと思いコミックを読んでみました。
涙です。
泣きじゃくってしまいました。しんちゃんのまっさらのノートのような真っ白な心が人々の「何か」を揺り動かし、周りの人々もよくわからない「何か」を感じてしんちゃんの言葉に耳を傾ける。しんちゃんはいつものようにお尻を出しているけど、いつも真剣にぶつかってくる。しんちゃんに「心」という「何か」を教えてもらった気がします。
おとうさんも普段は不真面目なところもあるけど、ここ一番の心のぶつかりはビンタされた感覚です。しんちゃんが過去にタイムスリップして行方不明にになって捜しに行こうとするおとうさん、おかあさんは戻れなくなったらと心配する。そこでおとうさん、「しんのすけのいない世界に未練なんかあるか」と一喝。これを言われて腹を括らない人はいないと思います。この本、この映画かっこいいと思いまた涙してしまいました。
by manga_do | 2009-09-18 20:02 | マンガ紹介 | Comments(1)
Commented by athens_co at 2009-09-19 11:54
泣き虫ちゃん。
<< 週刊ヤングジャンプ マンガ持込... マガジン・サンデー祭ッス!! >>